メニュー
Cornes Official Blog

Cornesスタッフからのニュース

Jun 3, 2019

Lamborghini 製 初代SUV? その名は…

コーンズブログをご覧の皆様こんにちは。

ランボルギーニセールスアシスタントの堀越です。

 

本日は僕の勉強も兼ねて

ランボルギーニの歴史を少し遡ってみたいと思います。

題名の通りランボルギーニのSUVをご紹介するのですが、

「なんだよ~最近出た3文字のカッコいい車だろ~~」と思った方、

 

残念ながら今回ご紹介する車はウルスから遡ること約30年、

1986年デビューのこちらの車

lamborghini-lm002

古いGクラス

ディフェンダー

ラングラー

全て似ておりますが・・・

 

この車は「LM002」というハイパーSUVでございます!

 

「チーターの事じゃないの?」という方もいらっしゃるかと思いますが

俗にチーターと言われる車はLM002の元となった車になります。

 

738-1

↑左がチーター 右がLM002

 

ランボルギーニといえば車名に闘牛の名前を

使うことで有名ですが、

LM002って何?」

「そんな変わった名前の闘牛がいたの?」

と思われた方も多いのではないでしょうか。

 

LM=Lamborghini  Military

 

そう!つまり元々は軍用車として開発されていた車なのです。

 

そもそもチーターは軍用車として開発された車両ですが

紆余曲折あり、、、正式採用とはならなかったモデルです。

 

しかし、チータのコンセプトや内容の良さから、LM001として

開発が進められました。

LM001はクライスラー製V8エンジンを

ミドシップに搭載していたことから操縦性に難があり

市販化されることはありませんでした・・・

 

以降、開発が進み、エンジン位置をミドシップからフロントに変更。

そして市販化されたのが今回ご紹介したLM002になります。

 

おっとすみません。

オタクの語り癖が出てしまいました。。。

 

そんなLM002ですが

僕が個人的に凄いと感じる所が何といっても「エンジンサウンド

 

ゴツゴツのクロカンから発する音とはとても思えない

綺麗なエンジンサウンドを聞く事ができます!

(YouTubeより引用)

(HD) Lamborghini LM002 – Lovely Sound & Crazy Backfire !

 

それもそのはず

LM002にはカウンタック用5.2L  V12エンジンをLM002用に仕様変更して搭載、

最高出力450PS2.7tの巨体を最高速206kmまで引き出すそうです!

 

そして

赤で囲った部分と水色の部分。

LM002とウルス2

少し似ていると思いませんか?

urus-vs--lm002-lambo

そう、これは偶然ではなく

しっかりとLM002のデザインは

現代風にアレンジされながらも

後輩であるウルスに引き継がれているのです。

 

 

まだまだLM002についてお話したい事はたくさんありますが、

また語り癖出てきてしまいそうなので

今回はこの辺りでとどめておこうと思います!

 

それでは、失礼いたします。

Jun 3, 2019